×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ




ルノアール兄弟
プロフィール



ルノアール兄弟 公式ブログ





 

ルノアール兄弟とは原作担当の左近洋一郎と作画担当の上田優作によるギャグ漫画コンビ。1998年結成。
当初は「骨子ホネ雄」というペンネームで活動をしていたが、2004年、ヤングマガジンアッパーズにて『獣国志』が連載開始の際、
そのペンネームが編集長の逆鱗に触れ、改名を余儀なくされる。同誌が休刊を受け連載終了。
初の単行本『獣国志』(全1巻)を発売。
2006年、月刊少年シリウスオフィシャルサイトにて『ルノアール兄弟の愛した 大童貞』連載開始。(単行本1巻のみ発売)
2008年、ヤングマガジンにて『セクシーDANSU☆GAI ユビキタス大和』連載開始。 (単行本全4巻発売)
同年、大田出版より作品集『おれは魔物とくらしてる』を発売。
2011年、『月刊!スピリッツ』で『さよなら、もっさん』連載開始。(2013年1月に連載終了)
現在では『テレビブロス』(東京ニュース通信社発行、隔週水曜日発売)の投稿コーナー「ピピピクラブ」のイラストとしても有名。
ソロ活動としては左近氏『漫画サンデー』にて『をのころん』(作画:高本ヨネコ)の漫画原作を担当。
2013年3月、『近代麻雀』4/1号にて『まんじゃ道 牌…しりそめし頃に…』(作画:鈴木マサカズ)の原作も担当した。
2012年より『プレイコミック』に『デフレスナイパーMOROZUMI』を連載中。
来る2013年3月31日に『さよなら、もっさん』が『公園兄弟』と改題し、小学館より待望の単行本化。





中川ホメオパシー
プロフィール


中川ホメオパシー 公式ホームページ




 

中川ホメオパシーとは原作担当の的場健と作画担当小林雄一による北海道在住のギャグ漫画コンビ。
YCコミック大賞にて再三にわたり賞を獲得。いい加減デビューさせよう(賞金もかさむし)という雰囲気で、
2009年ヤングチャンピオン『四次元チャリティーショー』にてデビュー。数多くのボツを経て、
2010年ヤングチャンピオン烈にて初の連載『抱かれたい道場』をスタート。
単行本化を待ち望むファンらによる署名運動などの後押しにより、
連載開始から丸二年後の2012年10月、遂に念願の初単行本化を遂げる。現在も好評連載中。
オモコロWEBにて『バトル少年カズヤ』など連載中。また、自身のサイト『聖オーラル学園』で大量の漫画を無料公開中。